保険の窓口騙される噂は本当?中立は嘘だった?紹介されるのは儲かる商品ばかり?

今、巷で話題の保険無料相談。

資格を持った専門家に話を聞いてもらえたりするのに、どうして0円でそんなことが可能なのでしょうか。

どんな仕組みでそんなことが可能になっているのか、探ってみました。

ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、契約ができたときにはじめて支払われるシステムなんだとか。

つまりはどれだけ知識が豊富で熱心なFPさんでも面談だけでなく契約まで至らないとお金にならないわけですが、個人で動くより契約の機会は増えるので、WINWINの関係とも言えるようです。

保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからお困りの方はメールで解決できるかもしれないです。

保険の窓口のような保険無料相談サービスの中には、相談のやりとりを面談をせずにメールで完結できるサービスもあります。

なので、ネット上で完結するので24時間365日受付ており、返信内容の確認も夜遅くに自宅に帰った後など好きな時間に確認ができます。

もし、書いてある内容が難しくてわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと思ったときには、電話で直接連絡することもできます。

もし相談途中で必要がなくなったとしてもメールで断れるので楽な気持ちで相談できると思います。

豪華な景品プレゼントで相談者を募集している保険の窓口のような保険無料相談サービスを見かけます。

大半の方が、フォームから保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思いがちですがそれは間違いです。

基本的には数回の面談後、アンケート回答などを商品受領の条件にしているサービスが多いです。

更に言うと、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が決まるわけではありません。

特に、中小規模の相談サービスでは、大手サービスに比べて登録しているFPが少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

通常、良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうと聞きます。

保障内容の見直しや現在の契約状況の確認をしてくれる保険の窓口のような保険無料相談サービスでも評価を比べているサイトはあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談する前の心配事として「相談したら結局保険に加入させられそう」という心配をしていてなかなか相談へ決心がつかなかったようです。

実際に相談してみた人によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、本当に相談だけでOKだったなどイメージとは全く違っていたことがわかりました。

なので見直しを考えている人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

保険を考える時期といわれる人生におけるイベントがあります。

一例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、保険に対する知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険の窓口のような保険無料相談サービスの利用を検討してみませんか。

すでに保険に加入している人でも年収や支出などが加入当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、ライフプランや希望に合っているか、いざという時にどんな保障が必要なのかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけで新しい保険へ乗り換えをしなくてもOKなので気楽に利用してみてください。

2017年4月に発表された金融庁からの指針により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の策定した指針から各サービスでは、商品券から牛肉やお米などの景品へ変わっています。

また、現在も商品券をプレゼントするキャンペーンを宣伝しているサービスがありますが、これは明確なルール違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを探しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスの質を重視して選びましょう。

相談をしたいと思い立ってすぐに見直しをしたいなら近所の保険ショップに行くという選択肢もあります。

プロに保険相談をしたいとき、どんな方法をあなたは選びますか。

FPさんが来てくれるタイプを選ぶ人もいれば、テレビなどでよく名前を聞くような会社の店舗に自ら足を運ぶという人も結構多いかもしれません。

全国展開しているような会社なら駅前や地下街などといった、ほかの用事のついでに寄れるような店舗も多いので、利用しやすいと思います。

自宅に来てもらったり、ファミレスなど人の多いところでお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、来店タイプで面談してみるのも良いでしょう。

保険相談の際は大きく分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、納得できる話し合いにならなかったということもあるそうです。

たとえば押しに負けて合わない契約をしてしまうということもあり得ます。

すぐに決めさせようとして断りにくいように話の方向を持っていくような人では、その後の対応についても不安が残るのであまりお任せしない方が良いと思います。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

少し前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。

同じように保険の窓口のような保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

参照:http://www.canadagoose-montreal.com/huanfaq/uso.html

最近、そういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、2017年に金融庁が出した指針で高額キャッシュバックや換金性の高い商品券がもらえる販促活動を禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変更しているサービスもあります。

毎月の支出をどうにか低くしたい、というのは多少は皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直しを考えてもいいかもしれません。

最近、テレビやラジオのCMなどで耳にする保険無料相談を活用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ申し込んでみようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なのか相談に行ったら必ず何かを契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

というイメージや気持ちを抱いてしまうのもわかります。

安心してください、知識がなくても現在契約中の保険内容の確認だけでも相談可能です。

その場合は、現在加入中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

評判の良し悪しを気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思い浮かべるのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談を行なっている会社もすごく悪評を気にしているんです。

というのも、無料相談サービスの収益は相談者が紹介された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強制的な勧誘をしているとSNSなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を削除したり、電話1本、メール1通などで担当者変更できるようにしたり対策をしています。

人生の中で保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者を見つけしっかりと説明を受けてから決めましょう。

今の保険を選んだ際の決め手はなんですか?ランキングサイトなどネットを参考にした人、職場に来た営業の人の勧めなどいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって選んだ結果、環境が変わって月々の料金が厳しい、実はどんな保障が付いているのか覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険の窓口のような保険無料相談サービスを利用しましょう。

加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合ったオプションが発見できたという話も多いです。

今現在、世の中にはたくさんの保険無料見直し会社があります。

ネットからでも手軽に申し込みができ、FPさんとの面談までの手順もわかりやすくなっています。

しかしその前にまず、自分でもしっかり準備をしておきましょう。

今の保障内容はもちろんなのですが、自分や家族にとって欲しいと思う保障について、どんなものは必要ないのか、いくらなら無理なく続けられるか、家族構成等の将来的な生活変化の可能性など、事前に準備をしてスムーズに話し合いができるようにしましょう。

保険の見直しをするのにもお金がかからないのに、さらに商品券やギフト券までもらえたら嬉しいですよね。

もらうためにはどうすれば良いのかというと、簡単なところでは面談を受けるだけだったり、面談後のアンケートに答えたりといろいろなようです。

一社でもらえる金額は数千円ですがもし数社と面談するなら合計で一万円以上もらえる可能性もあります。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、あくまでおまけとして頭の片隅に置く程度にして本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。

世間には山ほど保険の相談に無料でのってくれる会社があります。

そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのは想像よりずっと簡単ではないと思います。

最良の出会いを求めるならランキングも参考になります。

重要なポイントに絞って作られていることも多いので、優先事項を整理しながら選ぶことができます。

名前を知っているような有名どころでも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、上位で自分と合いそうな会社を探してみるなど、上手に活用してみてはいかがでしょうか。