FX取引の成行注文と指値注文について詳しく解説します

成行注文とは、値段を指定せずに売買を行い、今表示されている金額で取引するというものです。
実際のFX取引画面でも、値動きを確認しながら、売りか買いのボタンを選択しましょう。
成行注文は、迅速かつ確実に売買が成立するというメリットがあります。
ただし、いくらの金額で売買が成立したかは、約定成立後にしか分かりません。
成行注文を行うと、約定価格と注文価格に少ない場合に1銭、多い場合は5銭程度の差が生じることを知っておきましょう。
指値注文とは、売りたい価格や買いたい価格で注文する方法です。
売買の値段を指定できるというのが、最も大きな特徴となります。
為替市場は常に変わり続けるところなので、いつも自分が取引したいレートであることはありません。
指値注文は、今より低いレートで買いたいというときに使いましょう。
ただし、指値注文の場合は、自分の予想と違う為替変動となったとき、約定しないということも起こり得ます。