メルカリでお小遣いを稼ぐ細かなテクニック

メルカリで、他の人よりいち早く完売させてしまう裏技は写真や説明文に関係してきます。

例えば夏なのに冬物を見つけても欲しいと思う人は多いでしょうか。

欲しくないですよね。

また、購入者の立場に立って、どんなんだったら良いかを考えてみると、メルカリの裏技が使いやすくなります。

購入者の立場になって他の商品とは違って、一番見やすくて分かりやすいわと、思えるような売り方をマスターしましょう。

今や、高校生や主婦に人気のあるメルカリですが暗黙のルールがあるって知っていましたか?結構、色々あるのでトラブルにならないためにも勉強すべきです。

じゃぁ、どんなものがあるかというと送料込みで金額を出すのが一般的なんです。

他にも色々ありますが、ルールを知っておかないとメルカリでトラブルに巻き込まれる可能性があるので必ず始める前に調べておく方が良いです。

事前に研究して良いスタートダッシュを切りましょう。

メルカリで欲しいものが見つかって、買ったんだけどファミマでもお金って支払えるの?答えは可能です!もし、そうしたい時はメルカリの支払い方法からコンビニ払いを選択し、ファミマを選び行くだけです。

また、お金を持って行くだけでなく、画面に表示されるお客様番号と確認番号が必要になってきます。

メモが苦手な人はスクリーンショットがおススメです。

他にもサークルKサンクスやデイリーヤマザキでも払えますので、見ておくと良いでしょう。

メルカリで買った楽しみにしていた商品が届いた時型番が書いてあるものと違うんだけどと、ショックを受けたことがある人も居るでしょう。

そういう時、返品したいと考えると思うので簡単ですが、対処法について説明しておきます。

しかし、メルカリでは商品が届いて受け取り評価をしてしまうと出品者に売上金が入る仕組みになっています。

だから、返品を考えている時は評価してはいけません。

とりあえず、取り引きメッセージを送りましょう。

よっぽどのことが無い限り、返品には応じてくれます。

メルカリを登録して、たまにやっているんだけど、もし、機種変更してしまったらどうなるの?と、不安に思う人もいるでしょう。

しかし、安心して下さい!もし、機種変更をしないといけなくなってもメルカリや他のアプリの情報がなくなることはありません。

取り引きをしていても心配ないです。

さらに、メールアドレスなどによって情報のデータ化が行われているので新しくなっても問題なしです。

メルカリで要らないものを出品したい時送るのにだいたいどれぐらい必要なんだろう?と、商品の金額に送料も心配しないといけません。

メルカリで出品する時発送方法も考えないといけないのですが1つだけっではなくたくさんあります。

どうやって送るのが一番便利なの?と、色々調べる人もいると思います。

定形外だけでなく、らくらくメルカリ便などの発送方法は、納得のいくものを選ぶことができるので購入者の意見も参考にしながら選ぶと良いでしょう。

ちまたで大人気のメルカリと言えば、もう使わなくなったものが売られていると、思っている人もいるはずです。

しかし、中には物作りが得意な人などでハンドメイド作品を出品している人も多いのです。

ただし、ハンドメイド作品の中には禁止されているものがありたとえば、キャラクターの布を使ったきんちゃくなどはダメです。

もし、売ってしまったらメルカリサイドからペナルティを受けることになるので注意が必要です。

利用規約をしっかり読むようにしましょう。

メルカリで商品を買ったんだけど、もうだいぶ待っているのに商品が届かない!と、なってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

そういう時まずは、出品者に尋ねてみることが大事です。

もし、この時相手が何も反応してくれなかったらキャンセルをしてしまいましょう。

さらに、商品が届かないなどでトラブルになってしまったら、まずは話し合いをしなければなりません。

受け取り評価は届くまでは絶対にしないようにして、事態が膠着したままの時はメルカリの運営局に連絡するようにしましょう。

メルカリで商品を売ったり買ったりした時必ず受け取り評価というものをしなければいけません。

しかし、なぜこれをしないといけないのでしょうか?それは、受け取り評価を見て買っても大丈夫かどうか確認するからです。

もし、「普通」や「悪い」が多かったら買うのを躊躇すると思います。

ですので、メルカリで取り引きの際にきっちりすることがとても重要だと言えるでしょう。

逆の立場に立って、考えてみましょう。

メルカリで値下げに応じてもらうことができてその人専用のページを作ってあげたのになぜか、他の人が横取りしてしまった...という事態になってしまった人もいるかもです。

そうならないように、交渉相手と話し合う事は大事です。

しかし、メルカリのルールについてよく分かっていないまま、横取りをしてしまったという人も中にはきっといるはずです。

そういう場合、キャンセルしてもらえる確率も高いです。

きちんと理由を話し、誠意を持って相手に話してみましょう。