経営者住宅ローンは企業融資と同じ?

経営者に対する貸付は、究極的にはその企業に対する貸付と同じです。
現在の日本の企業のほとんどは中小企業と言われており、ちょっとした規模の会社であってもその実態は個人経営の事業と変わることはないのです。
そのような中小企業経営者が住宅ローンを借りる際の審査は、当然企業の業績が大切になります。
従業員の住宅ローン審査が、その給与収入を主に審査しているのに対し、経営者住宅ローンでは役員報酬の多寡はほとんど考慮されません。
いざとなったら会社から役員報酬をもらうことはできないからです。
結果として銀行側の審査は会社の審査になります。
つまり、経営者住宅ローンの審査は経営者本人ではなく、会社に対する審査となってしまうのです。
住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は通りやすい?