引っ越しをしたら転居先の住居がフレッツ光しか利用することが出来ませんでした

住居の場所を変えたら、転居先の住居がフレッツ光しか利用できませんでした。
かねてから使用していた通信会社を連続して用いたかったのですが、他に選択の道がなく、利用を決めました。
月が変わるごとにあることなので以前の倍の値段の負担が大きいです。
知名度の低いワイモバイルの場合、解約する際に発生する解約金を安い値段にしたり、契約の期間を短めにしたりして試用期間を設けるようにすれば、契約数がかさんでいくとされます。
安さに魅力を感じていても、1年以上の契約の期間があると、契約になかなか踏み出せないものです。
wimaxデータ通信であるなら速度制限がないので仕事でPCを使用する方でも不安なく利用可能だと思っています。
パソコンでネット通信する時は、スマホなどのモバイル端末に比べると、ベージの容量も多くたちまち通信量が増えるので通信制限なしはありがたいです。

プロバイダーのWAKWAKとは